彼への愛し方を変えるだけであなたと彼の笑顔が戻ってくる♡

まずは【無料プレゼント】恵流!!彼との距離感に危機を感じ始めた時の25の対処法をお受け取りください

修復恋愛心理学「美人の教室」8月の人気ブログ記事ランキング♪

 
 
修復恋愛心理学「美人の教室」8月の人気ブログ記事ランキング♪





この記事を書いている人 - WRITER -
修復恋愛心理学『美人の教室』新宿 塾長の恵りょう子です。 私自身、男性と交際をしても長続きせず、交際3ヶ月〜半年でフラれてしまう事の繰り返しでした。 「この男運…どうにかならんもんか?」と思い、一念発起して、心理学の基礎を勉強した事から現在に至ります。 修復恋愛心理学で1組でも多くのカップルのご縁がきれませんよう、たくさんの方に喜んでいたきたく活動をしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは\(^o^)/

 

修復恋愛心理学「美人の教室」

塾長 恵りょう子です。

 

9月に入って、7日目になってしまいましたが、先月8月のブログ記事のランキングを発表したいと思います!

今年の夏は、豪雨災害に地震災害と自然災害に見舞われた夏になりました。

辛い出来事、悲しい出来事が多い夏でもあります。

 

自然災害の多い年というのは、少なからず、私たち人間の心にも暗い影を落としがちな年になります。

皆さんの心に暗い影を落とした今年の夏、「美人の教室」のブログに集まってくださった方は、どのような記事を引き寄せて解決方法を知る事ができたのでしょう?

 

では、8月のトップ5記事をおさらいしてゆきましょう( ^∀^)

 

1位 復縁の確率は50%!?あなたは本当に復縁できるのか?

復縁の確率は50%!?あなたは本当に復縁できるのか?

8月は、復縁に関する記事が一番読まれていました。

「別れた相手と復縁できるのかな?」という悩み・疑問って多いと思います。

私たち人間は、ラブラブな時は不安はありませんが、別れてしまうと一気に「見捨てられたくない」という不安が襲ってきます。

「私にはもう、素敵な男性は現れないんじゃないか?」「私は、一生1人なのかな?」あらゆる不安が押し寄せてきます。

できるものなら、最近まで、ラブラブな状態に近しかった男性と「寄りが戻せたら…。」と願う事も多くありません。

失って初めて気づく相手の大切さ。

本当ならば、失う前から、相手を大事にしていれば、破局なんて事は、起こらなかったかもしれません。

破局は、何故怒るのでしょう?

  • 彼を大事にしなかったから?
  • タイミングが悪かった?
  • 彼と相性が合わなかった?

様々な、要素が混ざり合って、二人の間に溝ができ、男女は破局を迎えてしまいます。

二人の間にできた溝を埋めることは、短時間ではできません。

復縁を考えてしまうような破局を迎える女性の多くが、もともと、短気な性格な場合が多く、長期的に物事に取り組む忍耐強さや状況をシンプルにそのまま受け止めて行動する力を持っていません。

なにごとも複雑に捉えてしまい、自分の中だけで混乱を招くため、端から見ている彼は、あなたについて行けなくなります。

自分一人で混乱を招いていてしまうあなたの考え方の根本を変えない限り、復縁、または、新しく彼氏ができてもまた、同じことを繰り返して男性を傷つけて、自分まで、傷ついてしまうでしょう。

そんなあなたが、「自分の思う通りの幸福を手にいれるために何をしたらいいのか?」をお伝えしています。

 

2位 常に承認と称賛を求めている!!機能不全家族で育ったアダルトチルドレンの実態。

常に承認と称賛を求めている!!機能不全家族で育ったアダルトチルドレンの実態。

ブログを書き始めてから、常にランクインしてくる記事です。

アダルトチルドレンという言葉を「病名」だと思っていらっしゃる方が多いようですが、「アダルトチルドレン」は、病名ではありません。

子供時代を子供らしく生きれなかった大人を意味する心理学用語です。

子供時代を子供らしく生きれなかった大人は、大人になってから反動で、子供じみた行動をとってしまう場合があります。

「それも自分なのだ」と自信を持って生活できたらいいんですけど、

アダルトチルドレンは「自分が周囲とは違う…」という意識が高いため、私たち人間が持つ「同調」を感じ取るのが苦手です。

そのため、「自分を理解してくれる人」を一生をかけて必死で探す傾向にあります。

  • 私の事をわかってくれる?」
  • 「私を理解してくれる?」
  • 「私を愛してくれる?」
  • 「私を大切にしてくれる?」

あらゆる場面で、恋人にトラップを仕掛けて試し、自分をどの位大事にしてくれる人なのかを見計らっています。

お試し行動を受け止めてくる人は良い人で、お試し行動を拒否する人は悪い人…と、いうレッテルを恋人に貼ります。

  • 私のいう事を聞いてくれる人
  • 私のわがままを受け入れてくれる人
  • 私が何をしても我慢してくれる人
  • 私が何をしても怒らない人

このような、男性像を求めて、恋愛ジプシーになって行きます。

アダルトチルドレンの恋愛方法は、「修行」そのものです。

「平穏な恋愛」とは、ほど遠い、破天荒で波乱万丈な恋愛を好む傾向にあります。

「波乱は嫌!」と言いながら、波乱の多い恋愛でないと刺激がなくつまらないのです。

アダルトチルドレンは、幼少期にご両親からしてもらえなかった愛情表現を大人になってから他人の男性にぶつけます。

ご両親でもできなかったものを、他人の男性がしてくれるはずもなく、欲求不満をぶつけては、感情で相手を抑圧しようとします。

そのような、自分を受け入れて許していく力があれば、アダルトチルドレンも立派な個性として魅力的なものになります。

 

しかし、自分自身を受け入れる事ができずに、アダルトチルドレンである自分を否定したままの状態では、あなたの欲しい未来は、手に入らないでしょう。

このブログでは、アダルトチルドレンが、どのような経緯で、そのような人格をえてしまったかを解説しています。

あなたのこれからを生きるヒントになるブログです。

 

3位 アラフォー・アラフィフ・アラカン世代。 セックスの重要性について 掘り下げてみました♪

アラフォー・アラフィフ・アラカン世代。 セックスの重要性について 掘り下げてみました♪

この記事も常にランキングに入ってくる記事になります。

やはり「セックス」について、悩みを抱えたり、気になる事の多い方は多いのでしょうね。

私は、個人的に「やりたければやればいいぢゃん!!」という感がえ方なので、「好きな者同士、そういう雰囲気になったらしちゃえばいいぢゃん!何を考える必要がある?」と思ってしまうタイプなので、元も子もありませんが(・_・;

ただ、私たち人間のセックスは、動物のセックスとは違い、愛情表現や商売を目的とした行為がほとんどです。

本来ならば、セックスは、子孫繁栄のための「交尾」なわけですが、私たち人間は、ちょっと違いますね。

年代別でセックスに対しての捉え方も違いますし、感じ方も違います。

  • 商売のセックスなのか?
  • 仕方なくのセックスなのか?
  • しっかり愛情のあるセックスなのか?
  • 子孫繁栄のためだけのセックスなのか?
  • 気楽にスポーツ感覚のセックスなのか?
  • 好奇心が先走るセックスなのか?

ただ、私が、これまでの経験から、感じている事は、「セックスはやはり、愛情のあるセックスがいいのではないか。」と、いう事です。

このブログでは、年代別に分けて、セックスの捉え方、セックスへの考え方などを記載しています。

 

4位 心配ですね!!30歳を超えても結婚しない娘をお持ちのお母さんへ

心配ですね!!30歳を超えても結婚しない娘をお持ちのお母さんへ

「親御さん」へ向けた記事が、ランクインしてきました。

この記事は、親御さんに向けたもので、娘さんに向けたものではありません。

なので、すこーーーーし(?)だけ、親御さんに対して、説教をしています(゚o゚;;

子供は、ご両親をみて「異性への愛情表現」の仕方を勉強します。

お母さんがお父さんに対する態度をみて、「男の人にはこんな風に接するんだ。」と勉強します。

それが、間違っていても子供の頃は、間違っている事に気づきません。

「それが、当たり前」だと思っています。

お母さんのお父さんへの愛情表現を「男性への愛情表現」のお手本が体に身についてきます。

思春期に入ってくるとお母さんの行動に疑問を抱くかもしれません。

ここで、2手に分かれます。

お母さんの愛情表現に疑問を持っていても、身についた表現を手放す事ができずに続ける娘と、「違う」と思った事をサクっと手放して自分オリジナルの愛情表現を生み出す娘と2通りに分かれます。

30歳を超えても、結婚しない娘さんというのは、前者です。

お母さんをお手本にして愛情表現を学びましたが、「違う」と気づいていながらも、それを手放す事ができないのです。

親御さんは、娘さんがしっかりとオリジナルの愛情表現ができるように、サポートしてあげてください。

 

5位 東京から1時間30分!!木更津港にアジ釣りに行ってきました♪

東京から1時間30分!!木更津港にアジ釣りに行ってきました♪

5位は、「めぐ散歩」からのランクインです。

主人が、釣り好きなこともあり、たまーーーに一緒に連れて行ってもらいます♪

このブログでは、初めて、沖堤防に行きまして、アジを狙ったんですけど…。

ま。。。。。シブシブの釣果で。。。

それでも、自然をバックにヨガをしたり、自然に触れる事で心が洗われたりしまして、とっても素敵な時間を過ごしました♪

このブログは、恋愛心理学を専門のブログでは、たまに、「めぐ散歩記事」もアップします。

たまーにね。

 

まとめ

8月の人気ブログ記事を全体的に見てみると、「親御さんがお子さんに与える影響」を気にしてブログをご覧になってた方が多いのかな?と、感じました。

 

やはり、お子さんが、最初に手本にするのは、「ご両親」です。

 

「ご両親」の愛情表現が、お子さんに与える影響は凄まじく大きいです。

それに、気づかない場合、親子の連鎖が起こって、親から子へ子から孫へ…そして、その子供へ…と、「偏った愛情表現の連鎖」が、一族の流れになってしまいます。

 

恋人を試すのは、恋人を疑うのは、「一族のお家芸!!」という家庭も少なくありません。

 

親は、子供にそんな事を教えた記憶がなくとも、子供は、しっかりと親の背中を見て育っている物です。

親の役割って、かなり重要です。

 

勉強よりも、人の愛し方を重点的に教えて欲しいものです(⌒-⌒; )

親は、「人を愛する力」を子供に与える役割が80%だと私は思っています。

後の10%は、社会の仕組みを教えてあげる事です。

 

机上の勉強なんて、子供は、興味さえ持てれば、どんなタイミングでもやります。

世の中には、勉強の好きな子供もいますし、大人になってから勉強して大学入試に挑む人だっています。

 

でも、愛情表現は、小さいうちからしっかり教えていないと、ベストタイミングでの表現はできません。

せっかくパートナーができても、愛情表現を発揮できなければ、相手からの信頼も失います。

 

不器用でもいいから、しっかりと、子供には目に見える愛情を与えてください。

 

ここで、余談ですが…子育ては、1歳から6歳までは目に見える愛情を与える事が大事だと、私は、個人的に結論付けています。

6歳以降は、目に見えない愛情を感じ取って自分で考えさせる事をしていくと、大人になってから落ち着いた人間関係を築ける子供になって行きます。

この話は、また、今後、ゆっくりしたいと思います。

 

では、8月のブログ人気記事トップ5でした( ´ ▽ ` )

来月は、どんな記事が、ランクインするだろう?\(^o^)/

 

また、次回のランキングでお会いしましょう♪

この記事を書いている人 - WRITER -
修復恋愛心理学『美人の教室』新宿 塾長の恵りょう子です。 私自身、男性と交際をしても長続きせず、交際3ヶ月〜半年でフラれてしまう事の繰り返しでした。 「この男運…どうにかならんもんか?」と思い、一念発起して、心理学の基礎を勉強した事から現在に至ります。 修復恋愛心理学で1組でも多くのカップルのご縁がきれませんよう、たくさんの方に喜んでいたきたく活動をしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 修復恋愛心理学『美人の教室』 , 2018 All Rights Reserved.